ペットのお手入れ

こんばんは(^^)

先ほどまで外にいたんですけど、とにかく寒い!!

お鍋が美味しい季節ですね😋

 

さて本日の内容ですが、、、

ペットのお手入れについてでございます😊

皆様わんちゃんやねこちゃんたちのお手入れはどうされてますか???

我が家は僕が元トリマーのため月に1回ほど前の職場へ連れて行ってトリミングをしております。

 

お手入れってやトリミングって何をするの???

と思ったそこのあなた!

(1度言うてみたかっただけです。(笑))

 

今日は僕なりにご説明いたしましょう(`・ω・´)!

 

まず、わんちゃんのトリミングと聞いて、可愛くカットすることを想像される方が少なくはないと思います😊

もちろんそれも大事な一つだと思いますが、それだけではございません!!

爪を切ったり、耳の掃除をしたり、シャンプーをしたりなどなどたくさんござます(^^)

 

昔行っていた手順ですが、

①ブラッシング(被毛のもつれ・抜け毛をとります。)

②爪切り・耳掃除(プードルやシーズーなどのカット犬は耳の中に毛が生えるのでそれらを抜きます。)・足の裏などのバリカン(足の裏(被毛がかぶっていれば床などで滑るため)・肛門周り(う●ちがつくため)・お腹周り(おしっこがつくため))

③シャンプー・ドライング(皮膚の弱い子は薬用シャンプーを使ってシャンプー治療を行ったりもします。シャンプーの種類は多く一人一人にあったものを使用します。)

④カット(全身や部分だけなど一人一人行うカットは異なります。)

でございます!(※お店によりけりだと思います)

 

ご自宅でされるのもよいかとは思いますが、ケガやブラッシングでもつれが残ったままであったりや、シャンプーで流しきれてなく皮膚炎になったりなどのリスクはトリミングサロンに比べるとかなり高くなるかと思います。

また、身体に異常などがあった場合(しこりや耳などの汚れ)の発見率はトリミングサロンのほうが高くなるかと思います。(実際に多かったです。)

※あくまで個人の見解です。

 

どれくらいの期間でいけばいいの?

と思ったそこのあなた!

(本日2回目)

シャンプー治療をかかりつけの獣医からするよう言われてる方は期間も指定してくれはると思います!(週1回や10日に1回や2週に1回など)

そうでない子たちは1月に1度のトリミングでいいんじゃないかな~と僕は思います( ˘ω˘ )

もちろん被毛の長さ・もつれやすさ・犬種などで個人差はあると思います(^^)

 

あまり長くあけてしまうと爪が伸びて肉球にささることもあります。(実際に数回見ました。)

またもつれもでき、固まったもつれは解くのもとても大変で、わんちゃんたちは痛いと思います。

もつれたままの状態は人間で言うと髪の毛を引っ張られてるのと同じ状態だともいわれてます。

 

などに気をつけていただき、サロンの方と相談されるのがよいかと思います(^^)/

※やっぱり個人の見解です。

 

おうちでできるお手入れって何があるの?

と思ったそこのあなた!

(本日3回目)

ブラッシングはもつれができる前にこまめにされるとよいかなーとは思います(^^)

プードルちゃんなどもつれやすい犬種は特に!!

爪切りは血が出る可能性があるので、控えめにされるかサロンで爪切りだけなどもできるところも多いので(以前の職場では予約なしで¥500(別)でした。)お任せされてはと思います😊

※何度も言いますが、個人の見解です。

 

爪切りってお散歩で削れるから必要ないんじゃないの?

と思ったそこのあなた!

(本日4回目)

 

確かに爪はお散歩で削れます。

実際に「切るとこねーじゃん!」って子もいました(笑)

それも個人差があるのと、狼爪(ろうそう)と呼ばれる地面に届かない爪(ない子もいます)はお散歩では削れません。

なので個人差はありますが必須だと思います。

※しつこいようですが、個人の見解です。

 

また、お年寄りのワンちゃんにとってトリミングはかなりの体力消耗になります。

可愛いカットをしたい!

と思う気持ちは分かりますが、可愛い愛犬ちゃんのためと思い、短くされトリミングの期間を延ばすという選択肢もいれていただけたらと思いますm(_ _)m

 

長くなりましたが、少しでも参考になれば嬉しいです😊

 

最後に昔のカット後の愛犬のお写真をどうぞ😝

 

 

ボディモヒカンをしてみたり😁

 

アシメ風にしてみたり😆(某芸人みたいと言われました(笑))

 

プードルちゃんでございます😊

 

全く関係ありませんが、写真を探していた時に見つかり可愛😍と思ったので載せます!(笑)

 

週の折り返し頑張りましょう!!!

夏季のお散歩について

こんにちは!
CarePets枚方店です(^^)

 

5月の末ですが、だんだんと夏のような気温になってきましたね(*_*)

 

個人的に暑いのはかなり苦手です...( ノД`)
同じくらい寒いのも苦手なんですけどね...笑

暑いのや寒いのはワンちゃんやネコちゃんも同じです!

今日は夏季のお散歩についてでございます(^^)/

ワンちゃんは全身毛に覆われているため、我々人間に比べると寒さには強い反面、暑い環境が苦手です。
(犬種により異なります。我が家のミニピンのKくんは寒いのが大の苦手です。笑)

夏季のお散歩は、直射日光のほかにアスファルトや地面からの照り返しを浴びます。
また高温になってしまった道路などはワンちゃんの肉球を痛めたり、火傷などの原因になりますし、
人間より地面に近いワンちゃんの身体には地面の照り返しの暑さもかなりのダメージになります。
夏季の日が照ってる時間帯のお散歩はワンちゃんの熱中症の原因になりますのでご注意ください。

気温が高く暑い日などはお散歩のお時間をずらされて、日が照ってない時間帯に変更されてはいかがでしょうか(*^-^*)
またお散歩前には道路などに熱がこもってないかなど、直接手を近づけて調べるなどをお勧め致します(`・ω・´)
ワンちゃんはパンティング(ハァハァとした息遣い)で体温調整しますので、パンティングをしていないかなども注意してみてあげてください(^^)/

 

CarePesではワンちゃんを最優先に考えた、シッティングを目指しております。
ワンちゃんの体調などを最優先させていただくため、
夏季の日中のお散歩はお断りする場合もございますので、予めご了承くださいませ。

 

いつもとは違った更新でございました(*^-^*)

 

 

CarePets枚方店
枚方市東中振1丁目19-24-12
お電話    072‐802‐3075
e-mail  carepets.hirakata@carepets-kansai.com
LINE       @duw8019d